おきらく主婦の雑記帖

なにごともマイペース。のんびり暮らす、おきらく主婦のブログです☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ランキングに参加してます☆応援いただけるとうれしいです(*'-'*)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ 人気ブログランキングへ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりの湯布院de一泊(2)

ハシゴ風呂を満喫したあとは、いよいよお食事タイム。

予約していた6時ジャストに向かいました。

ここは部屋食じゃなくて、お食事処でいただくんです。
なにせ広大な敷地に離れが点在しているから、
部屋食のサービスは難しいでしょうね。



ただ・・

楽しみにしていた食事が、正直いってわたしたちには
ちょっと物足りなかったです


ボリュームは満点なんですけどね。

とにかくお野菜づくしなんです・・

こちらをご覧いただいてもわかるように。

IMG_9443_2.jpg


もちろん野菜は体にいいし、ありがたいのだけど。
田舎料理も大好きではあるのだけど。

・・・・これ以上はお口チャック



ではお写真だけ(抜粋して)ずらっと並べます。

IMG_9440_2.jpg IMG_9441_2.jpg

IMG_9442_2.jpg IMG_9446_2.jpg

IMG_9447_2.jpg IMG_9449_2.jpg

IMG_9451_2.jpg IMG_9455_2.jpg

IMG_9457_2.jpg


特に、お野菜の煮物はハンパなく量が多くて・・
一つずつの具材が大きいし、もう、これだけでお腹がイッパイに。


なんと珍しいことに、わたしたちはお酒もすすまず・・
最初の生ビールさえ、飲み干すまでかなりの時間がかかったほど。

夫なんて、焼酎は一杯しか飲まなかったし、
わたしは、二杯だけ。。


きっと、こんなことって最初で最後だと思われます。
ある意味、思い出に残るお宿です




いろんな思いを引きずりつつ、
食後にわたしたちが向かったのは、バー。


:::::::::: ここからが本編だったりして? ぶぶっ ::::::::::



Bar Barolo
http://www.barbarolo.com/


お宿の敷地内にあるバーだけど、宿泊客以外の常連さんたちも多いそうです。


暗がりの中、作務衣&はんてん姿で林の中を降りていくと、
マスターが表までお出迎えに出てくださいました。

「お寒い中、お足を運んでいただきありがとうございます」


その言葉にまず癒され、店内に一歩足を踏み入れた瞬間、

ため息が・・


インテリアといい、音楽といい、空気感といい
すべてが、わたし好み!!



これに近い感じでいうと、
湯布院御三家といわれるお宿『山荘無量塔』にあるバー
Tan's bar(タンズ バー) も大好き。

同じく御三家のお宿『玉の湯』にあるバー
Nicol's Bar(ニコルズ バー)もその一つ。

ここは作家のC.W.ニコル氏が玉の湯に訪れた際、
”一日の仕事を終えたあとに、ゆっくりくつろげるバーが欲しい”
とリクエストしたことで作られたバーだそうです。


ちょっと話がそれたけど。



こんな雰囲気のあるバーのカウンターに、作務衣&はんてん姿で座っていると
なんだか至極の癒しタイム。。

さっきまでのもやもやした感じが一気にふっきれたというか、
帳消しとなりました


ちなみにお店の名前「Barolo(バローロ)」は、
想像どおりバローロから取ったそうで、
マスターが大のバローロ好きなのだそうです。


もちろん、バローロをいただきました。

ボトルだとわたしたち庶民にはなかなか手がでないけど
ありがたいことにグラスでサービスしていただけるんです♪
(期間限定のサービスとのことでした)



最初にいただいたのが、Silvio Grasso(シルヴィオ・グラッソ)2007

IMG_9461_2.jpg


メニューの左(お安い順)から順番に全部飲もう!
なんて冗談で言ってたのだけど、

とりあえず、一番お手頃なこちらからお味見させていただくことに。


酔っぱらって何を飲んだか思い出せないと悲しいので
こんなものまで撮っておりました。うふ

IMG_9481_2.jpg


二杯目に、GAJA(ガヤ)2005

IMG_9480_2.jpg


実はこれが一番飲みたかったんです。


やっぱり、違う・・

わたしみたいなモノがその美味しさを語るには
まだまだ、まーーーだまだ幼稚な感性&ボキャブラリーも乏しいので、
ここは割愛。


ただただ、うっとりするほど幸せな瞬間でした。

IMG_9482_2.jpg


夫も、最初の一杯はバローロを飲んだのだけど、
そのあとは、ずっとマッカラン18年を飲んでおりました。

マッカラン大好きなんです。


そして、目ざとい夫は
カウンターの端に置かれていたヒュミドールを見つけ、

1本オーダーしておりました。

IMG_9474_2.jpg


ヒュミドールとは、シガー(葉巻)を保存する箱。
湿度や湿気に弱いシガーを守るために使われるのだけど、
ここまでの物は、なかなかお目にかかったことがありません。

夫もシガー好きで、たまにバーで置いてたりすると吸っているけど
そしてお家にもあったりもするけど、
でも、さすがにヒュミドールまでは用意しておりません。

ていうか、お家でそんな高級なシガー吸ったりもしません。
吸えません。買えません。


こちらのヒュミドールは、カルティエ製でした☆


マッカランとシガー。

IMG_9485_3.jpg


そしてわたしは、バローロも3つ目のグラスへ・・

Azelia(アゼリア)2007

IMG_9490_2.jpg


夫は、マッカランを一体何杯おかわりしていたでしょうか・・

オリーブなどをつまみながら、
二人とも、か~~~~~~~~~~~~~~~~なり良い気分で・・


もう、居心地がいいって、まさにこのこと。

IMG_9473_2.jpg


気づいたら、12時近かったかな。

夕食の時より遥かに長く、こちらに居座っておりました。



そしてこれも特記しておかねば!


実は、夫が泡好きというのを聞いて、
スタッフさんがこちらを紹介してくれたんです。

b_a_s.jpg
*画像はサイトよりお借りしました


2009年ヴィンテージ国産ワインコンクール金賞受賞した、
大分・安心院でつくられたスパークリングです。


是非飲んでみたかったのだけど、こちらはボトルのみの提供でした。
さすがに、これからスパークリングをボトル1本飲めるほど体力はなく・・

購入可能な酒屋さんを尋ねたら、
おそらくどちらも品切れで、入手困難ではないかと・・


がっかりしていたわたしたちに、なんと、

「定価でよろしかったら、是非どうぞ♪」とマスターが!


思わぬお言葉に、もーーー大はしゃぎしてしまいました。


なんて優しいんでしょう。

もちろん、定価でいただいて帰る事に。



トータルで、24,000円のお支払い。

お宿代より(ディーラーさんからの50%OFFクーポンを利用したとはいえ)
こちらのバーでのお支払いの方が上回った一夜となりました。

でも、このバーは本当によかった。


ふだん飲めないようなバローロをグラスでいただき、
夫は極上のシガーまで堪能でき、

お値段より、そのひととき。

これはプライスレスですね☆



持ち帰ったスパークリング。

IMG_9610_2.jpg


ワレモノだから、ということで
緩衝剤代わりに、こんな嬉しいモノを入れてくれてました。

Bar Baroloのオリジナルハンドタオルです。二つも!

IMG_9613_2.jpg


スパークリングは、まだ静かに置いてあります。涼しい和室に・・

IMG_9622_2.jpg


ネットで探してみたら、さすがに品切ればかりでした。




こちらのバーは、また立ち寄ってみたいな。

「また是非、おかえりをお待ちしております」って言葉が

今でも耳に心地よく残っております



おわり。


スポンサーサイト





ランキングに参加してます☆応援いただけるとうれしいです(*'-'*)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ 人気ブログランキングへ

久しぶりの湯布院de一泊(1)

ディーラーさんからいただいたクーポンを利用して
湯布院のお宿に一泊してきました。


全国津々浦々、数あるクーポンの中から選んだのはこちら。


二本の葦束
http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/

4200坪の敷地に10棟の離れとお風呂が点在しています。



二人の誕生月【3月】にお祝い記念で行こうか♪てことで
予約を入れようとしたのが、去年の10月。

が、甘くみてたようで、すでに週末はずーーーーっと満室でした。

クーポンの期限もあるしあまり先延ばしにもできないので、
空室のある日に合わせて、夫が有休を取って出かけることに。


サイトを見ると、いろんなタイプのお部屋があるみたい。
わたしたちは『漢』という、なぜか中国スタイルのお部屋でした。

今回ディーラーさんが窓口だったから全てお任せしていたのだけど、
直近で予約が取れたお部屋はここしかなかったようです。



びっくりしたのが、ここだろか?と戸惑いながら
車で敷地近くまで行くと、すぐにスタッフがお出迎えに出て来たこと。

名前を聞かれることも、予約客かどうか確認されることもなく
サッと傘を差し出し、手荷物を持ってくれ、
あれよあれよとフロントへ案内されたんです。

もしかして、ディーラーさんから車種&ナンバーとかが
知らされていたんだろか??

ただの通りすがりだったら、どうするんだろ



母屋のフロントにて、まずはウエルカムサービス。

IMG_9341_2.jpg

左から、おぜんざい・フルーツ・ピクルス・お抹茶。


ピクルスおいしかった♪

IMG_9344_2.jpg



こちらが、案内されたお部屋『漢』です。

IMG_9372_2.jpg


格子戸を開けると、こんな設えがあり。

IMG_9367_2.jpg


細い回廊をまっすぐ進んでいくと、お部屋の入り口。

IMG_9369_2.jpg


扉を開けてすぐ目に入ったのが、お布団でした。
もう敷かれてるし!@@

IMG_9346_2.jpg


実はこれ「七つのいいわけ」と題して
お宿のサービスについて説明書きがあったんですが。

その中の一つが、お布団について。

普通は仲居さんがお布団を敷きにくるけど
こちらでは、旅の疲れをとってもらうためにと
予めお布団を敷いているのだとか。

到着後すぐに横になりたい方もいるでしょうから、って。

そして、一度お部屋に案内してからは一切、
スタッフはお部屋に近寄らないそうです。
それも、ゆっくりくつろいでいただきたいから、との思いから。


なるほどね~と納得。

たしかにその方が、こちらも気兼ねなく過ごせるしね。
特に朝なんて、朝食の時間になるとサッサとお布団上げにくるお宿なんてあるし
バタバタしちゃうのってイヤだもの。


「七つのいいわけ」の中には、

井戸水が飲めるのでペットボトルのお水は置いてないことや、
朝もゆっくりしてもらいたいので朝食時間は9時からということや、
その他いろいろ。(忘れた)


IMG_9347_2.jpg

IMG_9350_2.jpg

IMG_9352_2.jpg

IMG_9355_2.jpg


これは、イギリスのゲームで、日本のはさみ将棋みたいなもの。
遊ぶヒマなかったですけどね。

IMG_9362_2.jpg


助かったのが、お部屋にコーヒーメーカーが置いてあったこと。もちろん豆もね。
毎朝コーヒーを飲むわたしたちには嬉しいサービスでした。

しかも、我が家と同じマシンでした



ちょっとくつろいだあと、さっそくお風呂へ。

IMG_9374_2.jpg


広大な敷地に10棟だけなので、
なかなか他のお客さんと出会うこともありません。



ここを登ったところに、露天風呂「月宿る湯」があります。
たぶん、このお宿ご自慢のお風呂ではないかと。

IMG_9373_2.jpg


ずんずん登っていきます。

IMG_9375_2.jpg


「どうぞお入りください」と出ているときは、空き。
入浴するときは、この札をくるりと回転させて、「入浴中」にします。

IMG_9376_2.jpg


そう、お風呂はすべて貸切なんです!
これはかなり気に入りました。


脱衣場も広くて設備も行き届いておりました。

IMG_9378_2.jpg


じゃーん!露天風呂です!湯煙あがってます!

IMG_9379_2.jpg


天気のいい日は、目の前に由布岳が広がるそうです。
あいにくこの日は小雨。

でも、小雨のなか露天風呂につかるのも、また乙なもんです。


左の建物が脱衣場。正面の小さな小屋みたいのは、休憩スポット?
椅子がペアで置かれていました。

IMG_9381_2.jpg


お湯は湯布院にしてはしっとりしていて、お肌つるつるになりました♪


開放感あふれる広い露天風呂を満喫したあとは、
次なるお風呂へ。



「昭和の湯どころ」は、家族風呂です。
たしか五つくらい並んでいたかな。それぞれ趣が違ってました。

もちろん、ここも貸切。

IMG_9386_2.jpg


家族風呂は後回しにして、目指したのは「竹林風呂」

IMG_9388_2.jpg


ぶらぶらと歩いていくと、冷えた缶ジュースと温泉たまごのサービスが。

IMG_9390_2.jpg


板東英二が大喜びしそう・・

IMG_9393_2.jpg

たまご大好きな夫は、温泉たまごを一個ほおばっておりました。



「竹林風呂」の看板。

IMG_9396_2.jpg


ここもずんずん登っていきます。

IMG_9398_2.jpg


このお宿には、作務衣&はんてん、パジャマ、マフラー、コートなどが
「お好みでどうぞ」とお部屋に用意されています。

わたしたちは、迷わず作務衣。
これが肌触りもよくて、着心地満点でした。

そうそう、パジャマもガーゼ生地で気持ちよかったです。



やっと着いた「竹林風呂」

でも、あいにく先客ありでした。


時間つぶしに家族風呂に入り、二度目の「竹林風呂」を目指すも、まだ入浴中。

しかたなく、雑貨店コーナーをのぞくことに。
ここは写真割愛。



かわりに、こちらのネコちゃんを♪

IMG_9418_3.jpg


突然どこからともなく近づいてきて、にゃんにゃんと
とっても人懐っこいんです。


ず~っとわたしの足元でスリスリしてて、
やっと少しばかり離れた瞬間をパチリ。 作務衣の妻足元↓

IMG_9419_2.jpg


このネコちゃん、てっきりお宿の飼いネコかと思ったら
いつの間にか住み着いちゃったノラちゃんなんですって。

まるで見えないくらいに、清潔&キレイでかわいいネコちゃんでした。



三度目の正直だ!と「竹林風呂」へ向かうと、やっと空いてました。

IMG_9421_2.jpg


実はここまで、ネコちゃんがくっついて来たんです。
ほんとかわいくて・・「連れて帰ろうか」なんて夫と話してたくらい。


こちらが「竹林風呂」

IMG_9422_2.jpg


正直いって、
待ちわびて行ったほどのお風呂ではなかったですが

IMG_9425_2.jpg


下り坂の途中で、「入浴中」をまたくるりと回転させておきます。

IMG_9429_2.jpg

IMG_9427_2.jpg



『漢』までのアプローチ。

IMG_9431_2.jpg


部屋に戻ったとき、あのネコちゃんがおすわりして待ってたりしたら
そのときはもうキマリだな。と話していたわたしたち。

でも、残念ながら?姿はありませんでした。


夕食の時間まで、あと少し。

まずは冷えた缶ビールで乾杯です







ランキングに参加してます☆応援いただけるとうれしいです(*'-'*)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ 人気ブログランキングへ

ロールケーキといえばPロール!

久しぶりに食べた、Pロール

IMG_9530_2.jpg


湯布院で買って帰ったんです♪

IMG_9526_2.jpg


寄り道して帰る予定だったので、
B-speakオリジナルの保冷バッグもお買い上げしました。

写真撮り忘れなので、画像はまたの機会に


保冷バッグを買ったのは、これで2回目。

家にあるのになぁ・・持って行けばよかった!!



B-speak - 山荘無量塔
http://www.sansou-murata.com/facilities/b-speak/


プレーン1本 1,380円
保冷バッグ(10時間対応)210円



Pロールについてはこれまで何度か紹介してきたけど、
やっぱり、わたしはロールケーキならこれが一番すき!


クリームどっさりじゃないところが、いいんだわ

甘ったるくないし、スポンジがとにかくふわふわで
もぉほっぺがおちそうなくらい・・



それにしてもまぁ、ここも韓国人観光客だらけでした。
日本語はわたしたちだけで、
ショップ内で飛び交っているのは韓国語ばかり。

一瞬、ソウルでお買い物してるような気分に・・




湯布院宿での様子は、また次回。
今日はちょっと、お疲れ気味なり







ランキングに参加してます☆応援いただけるとうれしいです(*'-'*)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ 人気ブログランキングへ

プロフィール

lee

Author:lee
ひとりごとやいろんな情報
いろいろありの
いろいろ楽しい日々の記録

そしてときどき愛娘(♀)


【姉妹ブログ】

おきらく主婦のゆる~い家計簿
エイジングビューティー★美しき50代目指して

ランキング
応援いただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
旅行






Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】スプリングプロモーション

Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】

Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】
MEMBER
たのしく情報交換♪ レビュナビ
レビュナビ
素材
HeartToMe
FC2カウンター
検索フォーム


ポイント還元クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。